姿勢を良くするタオル運動

2021年7月3日未分類



 

姿勢を良くするタオル運動

 

当院では整体で動かしやすくなった身体を維持するために、インナーマッスルの運動をお伝えしています。

 

その一つにタオルを使った背中のインナーマッスルを鍛えるものがあります。

 

鍛える筋肉は菱形筋という肩甲骨と背骨を近づける筋肉です。

 

小菱形筋 大菱形筋
菱形筋は大小2つありますが、タオルを上で持ってする時は小菱形筋で下に持ってする時は大菱形筋です。

 

この筋肉がしっかり働くと胸を張った良い姿勢が自然とできるようになります。

 

菱形筋の鍛え方

 

やり方は極めて簡単です。

 

小菱形筋はタオルを頭の上で逆手で持って胸を張るように肘を後ろに動かすだけです。

 

この時に肩が上がったり、顔が下を向いたりしてはいけません。

 

肩甲骨と背骨が近づくように力を入れて下さい。

 

つぎに大菱形筋。

 

大菱形筋はタオルと後ろで持って胸を張るように手首を返します。

 

注意点は同じで顔を下に向けたり、肩がつり上がったりしてはいけません。

 

攣りそうになるくらい肩甲骨を背骨につかづけましょう。

 

タオルの幅もギリギリ手首が返せるくらいが良いです。

 

インナーマッスルを使いやすくするには

 

インナーマッスルは弱い筋肉です。

 

関節を動かすためではなく本来固定するための筋肉です。

 

そのため鍛えようと大きな動きで重たい負荷をかけると、アウターマッスルばかりが効いてしまって鍛えられないことが多いです。

 

インナーマッスルを鍛える時は単一の筋肉だけを鍛えるフォームが重要になります。

 

今回の運動もできるだけ菱形筋だけを動かすフォームにしてあります。

 

他の筋肉も多少は動きますが、最優先されるのが菱形筋でないと意味がありません。

 

ボディービルダーの鍛え方だとインナーマッスルは鍛えられないのでバキバキマッチョな人でも腰痛や肩こりになってしまうのです。

 

動画を見てきっちり運動をしてみましょう!

 



 

なおタオルをチューブに変えてしてみるのも良いです。

 

より肩甲骨が背骨に近づきます。

 

より効果的にする方法を当院でしています

 

この運動方法は自宅でいつでもできるようにしたものです。

 

当院ではもっと効果的に私が正しいフォームでさらに強烈に効くように補助しながらしています。

 

ぜひご来院いただいて整体を受けに来て下さい。

 

ご予約は👉友だち追加

 

 

※「免責事項」施術効果は個人差があり、全ての人へ保証するものではありません。
※出典:https://kadoma-youtsu.com/とリンクを貼りご連絡いただいた場合,各サイトでの画像の使用を認めます。