胡坐がかけないしゃがめない股関節

門真市の腰痛専門栗岡整体院です。

 

yogaヨガあぐら胡坐

 

胡坐をかこうとすると股関節が痛かったり、硬くて膝が床につかない人も多いです。

 

股関節の体操として足の裏を合わせて、膝に手を当てて床に押し付けるのをよく体育の時間にしましたね。

 

とてもいいストレッチですが、足裏を合わせること自体がキツイ人はどうすれば良いのでしょうか?

 

あぐらが痛くなくなるセルフケアなどをお伝えしたいと思います。

 

太腿の筋肉のストレッチ

 

胡坐が出来ない場合、太ももの硬さが大きな要因です。

 

前面・後面・側面とそれぞれ分けて柔軟していくことです。

 

前面の大腿四頭筋

 

ふとももの筋肉が硬いと踵がお尻につかない

 

足の前側は最も大きくて力のある大腿四頭筋があります。

 

立った状態で踵がお尻につかないのは大腿四頭筋が硬いので、

 

胡坐だけでなく正座も出来なくなるかも知れません。

 

正座のまま倒れる大腿四頭筋のストレッチ

 

正座のまま倒れると大腿四頭筋のストレッチですが、これが出来れば理想です。

 

いきなりはきついので、片足づつするのがよいでしょう。

 

片足正座で大腿四頭筋のストレッチ

 

大腿四頭筋の施術はうつ伏せで踵を持ってお尻に近づけていきます。

 

その時に膝裏に手を挟んで、、膝関節に遊びを作ると曲げやすくなり曲がりきったところで挟んだ手を抜きます。

 

膝関節や大腿四頭筋が硬い時膝裏に手を当てて踵をお尻につけていき膝を曲げきった状態で手を抜いていくと関節に遊びが出来て曲がりやすくなる解説

 

すると踵がお尻につくようになっています。(効果に個人差有り)

 

後面のハムストリングスのストレッチ

 

膝を伸ばして足を上げることでハムストリングスの検査かつストレッチ

 

大腿の後ろにあるハムストリングスは肉離れになったり、硬いと骨盤を倒して腰痛の原因になります。

 

膝を伸ばして足を上げることでハムストリングスの検査かつストレッチ

 

足を上げることでストレッチになります。

 

膝を伸ばしたまま上げると下の方、膝を曲げて胸に近づけると上の方が伸ばされます。

 

両方するようにしましょう。

 

足上げテストから膝を胸に近づけてさらに外に広げるチェック検査ストレッチ

 

施術では膝を外側に倒して内転筋まで伸ばす一連の動作を行います。

 

皮膚や筋膜を伸ばす

 

風呂上りなどに血流が良くなるので柔軟体操に適しています。

 

できれば身体を曲げ伸ばしする以外に、皮膚を擦ったり摘まんだりしてみましょう。

 



 

股関節が曲がりにくい人に、私の場合施術では大腿四頭筋を外側へ捻じることで可動域をつけていきます。

 

太ももの前面が拘縮すると膝が外へ向きますが、筋肉は内側へ短縮するので外へ誘導してあげると曲がりやすくなります。

 

お年寄りでO脚になっている人も、

 

手押し車

 

大腿四頭筋を緩めて外側へ捻ることで膝も股関節も楽になっていきます。

 

最後に

 

ここまで太ももについて柔らげるほぐしなどについて説明してきました。

 

ですが、ブログを読むだけで一人でしていても思ったように効果が上がらない人います。

 

ちょっとした方向性や押さえる位置が違っていると上手く曲がるようにならないことがあります。

 

また、今回は太もものストレッチ等について代表的なものをお知らせしました。

 

ストレッチ腰をひねる

 

やり方は他にもありますし、

 

胡坐やしゃがみやすくなるにはふくらはぎやインナーマッスルなどもアプローチが必要になります。

 

当院はただ整体をするだけでなく、自分で良くなっていけるように体操なども指導しています。

 

問診説明セルフケア

 

もしあぐらをかくと股関節が痛いなど日常動作に不安がある人は一度ご相談いただければと思います。

 

門真市の腰痛専門整体院 院長栗岡昭男

 

☞腰痛体操のブログ

 

☞前屈の柔軟体操のブログ

 

寝屋川市の患者様の声

 

左股関節痛でしゃがんだり胡坐がかけない

 

寝屋川市しゃがんだり胡坐がかけない左股関節痛

 

胡坐がかけない左股関節痛の患者様の声

※「免責事項」施術効果は個人差があり、全ての人へ保証するものではありません。
※出典:https://kadoma-youtsu.com/とリンクを貼りご連絡いただいた場合,各サイトでの画像の使用を認めます。