ラグビーで腰痛

大阪府門真市の腰痛専門栗岡整体院です。

 

ラグビーのプロップタックル行ったらぶっ飛ばされた(タックル行ってぶっ飛ばされた人ヤバくない?)

 

ラグビーでは、腰椎分離症・辷り症・ヘルニア・急性腰痛(ギックリ腰)等どんな腰痛にもなりえます。

 

が!通常即病院の腰痛でも、ラガーマンは普通。

 

【ラグビー】120kg超え巨人たちの豪快すぎる進撃|プロップ

 

タフな印象ですが、引退後筋肉が脂肪に変わり、マッチョがメタボリックになると事情は変わる。(パーン!)

 

慢性腰痛なのに、

 

日本のラグビーレベル向上!

2015年W杯で南アフリカから日本が勝利!

2019年は日本でW杯開催!

年末年始の花園!

 

またラグビーしたいな~と思う情報多くて草。



ラガーマンあるある50連発参照👈面白い)

 

元ラガーマンを応援します。(もちろん現役選手も!)

 

ラグビーのプロップ(ぶっ飛ばしがホンマにヤバい)

 

ラグビーで腰椎分離症

 

腰痛にならない方がおかしい位激しいぶつかり合いをするスポーツですが、

 

現役時代に自覚症状が出た時は、腰椎分離症の可能性が高いです。

 

腰の骨が折れる腰椎分離症腰椎すべり症

 

初期の段階で治療していれば、引退後の慢性腰痛を防げます。

 

腰椎分離症の時は筋肉を緩めてから、分離部分を合わせるように矯正していきます。

 

新体腰椎分離症骨盤矯正で腰椎を突き上げる

 

骨盤ごと腰椎を突き上げます。

 

筋肉が十分緩んでからするとコキンっと矯正音がします。

 

腰椎分離症について詳しくはこちら☞http://門真腰痛.com/腰椎分離症整体

 

分離症は身体を反らすことがキツイので、

 

練習前には無理に反らしたりしないで前屈などのストレッチや、

 

前屈ストレッチ

 

上に背伸びをしましょう!

 

背伸びの運動

 

ラグビーのプロップ担ぎ上げ(これも伸びですが、下手すれば死んでしまう程危険なパワープレーですね)

 

痺れも出てきている

 

あしのしびれ

 

いつもではないがシビレがある場合は、ヘルニアの可能性が高いです。

 

シビレがある場合はまず、座骨神経痛を疑いますが、

 

ラグビーのようなフルコンタクトスポーツだと簡単に腰の骨がズレます。

 

ラグビーのプロップフェイントから渡来(フェイントも入れてのトライですが、最後は3人掛かりでエグイです)

 

現役時代に腰を違和した人はMRIも撮ってもらう方が良いでしょう。

 

日常生活は耐えれる腰痛だと、病院もそれほど本気で手術を薦めることはできないです。

 

当院ではレントゲンなど画像診断はできませんが、腰椎椎間板ヘルニアの部分を触診します。

 

腰椎の間を指圧していくとコリがある所が発症部位

 

MRIで腰椎5番と4番の間がヘルニアになっていても実際押さえると腰椎4番と3番の間が痛いこともあります。

 

画像の情報と実際に触った時の状態と両方考慮しつつ、圧迫神経を広げるように緩めていきます。

 



 

引退して5年以上運動不足の腰痛は、ほぼ腰全体が硬くなっているので、

 

骨盤から腰椎1番から5番の筋肉全体を伸ばしていきます。

 

骨盤を腰椎を引き離す様にリリース背骨撫でる系

 

ラグビーのタックルに負けずトライ

 

門真市の元ラグビー選手様の声

 

門真市ラグビーで痛めた腰ラグビーで痛めた腰門真

 

ご記入ありがとうございました。

 

詳しくはこちら☞ラグビーで腰痛になり長時間歩くと立つのがツライ

 

今回はラグビーで腰痛になられたケースの紹介でしたが、

 

サッカー野球バレーボールバスケットボールなどどのスポーツも、

 

疲労の蓄積、筋力不足や体重増加で腰への負担は増す一方です。

 

スポーツ腰痛でお悩みの方は、院長が元体操選手の栗岡整体院までご相談下さい。

 

(これ位気持ちよくパスが通ると味方も心強いですね。)

以下は”超級!ラグビー速報2nd”動画サイトより引用:

 

ニュージーランドが誇る世界最高のスクラムハーフとの呼び声高い、アーロン・スミス(Aaron Smith)選手。

「投げるパスは屋のように早く、鋭く、そして美しい。正確なパスで試合を組み立て、トライをアシストするのはもはや芸術。」

 

出典元:サイトやYoutube

 

ラガーマンあるある50連発

【ラガーマンあるある】 1. ルールが難しいと言われるのに慣れている 2. 体が大きければその時点でフォワード決定 3. 小柄だったらとりあえずスクラムハーフ 4. 足が速かったらウイング 5. 背が高ければロック 6. 走れるデブこそ至高 7. ウイングのユニフォームはなかなか汚れない 8. バックスがミスをするとフォワードがイライラ 9. フォワードがミスをするとバックスがイライラ 10. でも「one for all、all for one」 11. 倒れても水で蘇生 12. 誰かが骨折しても驚かない 13. 部室が臭い 14. 失神しそうなくらい臭いヘッドギアが必ずある 15. スクリューパスを投げれるようになるとめちゃ嬉しい 16. どの球技でもとりあえずスクリューを投げてみる 17. 試合で無傷なことがない 18. 試合中はよっぽどヤバくないと痛みを感じない 19. 試合後に激痛 20. 体に残った傷は勲章 21. ……と思っているが腰痛に悩まされる 22. ラグビーをやめると筋肉が脂肪になる 23. 就活で有利に働くことがある 24. 年配OBの短パンが尋常じゃないくらい短い 25. カンタベリーを身につけている人に親近感がわく 26. 入部理由が理にかなっていないことが多い 27. 桐谷美玲さんがマネージャーだったら死ぬ気で頑張る自信がある 28. サロメチール大好き 29. 子供よりも大人が熱心なケースが多い 30. 選手登録でサバを読む 31. やたらと脱ぐ 32. 自分のスパイクで自らの内くるぶしを蹴ってしまう 33. ラックの下敷きになるとマジで苦しい 34. でも一休みできるのもラック 35. プロップが独走すると笑いが起きる 36. 外に人数が余っている時の興奮は異常 37. 黒いユニフォームが大好き 38. NZ代表のリッチー・マコウはマジ神 39. ダン・カーターも神 40. ハカを見るだけで米三合はイケる 41. 何度ハカを見ても鳥肌がブワッとなる 42. 引退すると猛烈にラグビーをしたくなる時がある 43. でも怪我と体型が怖くて思い切れない 44. 練習がきつい 45. 中でもランパスが鬼 46. そんな時は怪我人が羨ましい 47. タックルさえよければ何とかなる 48. トライの気持ちよさが昇天レベル 49. トライをしたことのない人の中で熾烈な争いが生まれる 50. 南アフリカに勝利した瞬間は心底ラグビーをやっていてよかったと思った



怪獣みたいなラガーマンぞろいでほぼ体格で人間的反則を感じさせるほど!



Youtubeでラグビーを鑑賞していたらパワーばかりじゃなく、鮮やかなパスもみれました。



最近はスポーツ界の女子力もあがり、女子ラグビーも徐々に増えつつあるようです。

 



インスタグラムではリア充してます(笑)

※「免責事項」施術効果は個人差があり、全ての人へ保証するものではありません。
※出典:https://kadoma-youtsu.com/とリンクを貼りご連絡いただいた場合,各サイトでの画像の使用を認めます。