四條畷市の患者様反り腰から膝裏の痛み

2017年12月13日a腰,e膝,患者様の声

大阪府門真市の腰痛専門栗岡整体院です。

 



 

前傾姿勢で腰から膝ウラが痛い

 

身体を反らして腰が痛い人はスポーツ選手に多いですが、

 

日常生活や仕事で腰を傷めるのは前傾姿勢が続いたケースがほとんどです。

 



 

身体が前に倒れると腰~お尻~太腿の裏~膝裏~ふくらはぎまで後面の筋肉が伸ばされて緊張します。

 

元々反り腰の体型だと腰の筋肉がさらに伸ばされるので放置するとぎっくり腰など発症します。

 



 

反り腰で腰から足まで痛い時の整体

 

痛む範囲が広いと一部だけ揉んでいればよいというわけにはいきません。

 

全身の繋がりや動作による筋肉の働きを考慮しつつ施術します。

 

表層の皮膚から浅層筋

 

腰から足まで痛い時に限らず表層の筋肉や皮膚が硬いと屈むこともままなりません。

 

まずはなでる様に腰から背中全面の表層筋を緩めていきます。

 

「これから楽にしていきますよ」と筋肉に優しく語りかけるように軽擦していきます。

 



 

この時はリラックさせた手の平で擦っていくと受け手の緊張が解けていきやすいです。

 

これだけでも眠ってしまう人もいます。

 

ふくらはぎのほぐし方

 

次に膝裏が痛い人にはふくらはぎからアキレス腱までストレッチしていきます。

 



 

膝を曲げることで深部のひらめ筋も伸ばすことができ、足首を曲げながらふくらはぎやアキレス腱を揉んでいきます。

 

角度抱えることで内側や外側の膝うらの腓腹筋もストレッチされます。

 

ふくらはぎの解剖学を話すと、

 

ふくらはぎは下腿三頭筋でアキレス腱まで含む

 

一般的なふくらはぎとはひらめ筋・内側腓腹筋・外側腓腹筋を合わせて下腿三頭筋といいます。

 

下腿三頭筋が踵の骨につく前にアキレス腱に変わります。

 

この筋肉が硬いとしゃがみにくくなり、膝から腰に来る人は下腿三頭筋を柔軟にすると良いです。

 

膝ウラのしつこい張りに牽引

 

それでも膝裏が突っ張るという人はハムストリングスを伸ばします。

 

大阪門真整体院では片足一本伸ばし切るイメージで牽引しています。

 



 

術者の足で坐骨を固定して足首を持ちそのまま牽引していったりします。

 

座骨から下の筋肉は全て伸ばされるので可動域もよくなり腰の負担が軽減します。

 



 

また足裏を合わせて固定し、反対側の足引っ張ると半身全体がけん引されます。

 



 

この場合は特に股関節と足関節が伸ばされてコンっと音が鳴って矯正されることもあります。

 

関節に遊びができることで動きやすくなるのです。

 



 

腰痛部の硬結を分解

 

症状が軽い時は腰痛部分の浅層筋と深層筋をほぐすだけでも結構効きます。

 

今回のように膝裏まで拡散している時は、特に深層筋を寄り分けて解きほぐす必要があります。

 



 

腰部の深層筋に当てるには脇腹の下から4本指でねじ込むように圧し指します。

 

突き当った所で揉み解していき小さくなっていくの感じたら、さらに2本指で奥の筋を緩めます。

 

動画ではあまりに奥まで突いているので「怖い!痛い!」と思われるかもしれませんが、

 

もちろん痛くない範囲で行いますし、むしろ今まで押さえてもらったことがないので気持ちいい位です。

 



 

筋肉が硬いために腰骨の間は狭まっているので、緩んだ筋肉の隙間に今度は両親指を押さえ込んで腰椎間を広げます。

 



 

腰椎は5個あり、一番硬い所が腰痛の発症部位なのでここはピンポイントで広げていかないといけません。

 

多くは骨盤(仙骨)と第五腰椎の間か第5と第4腰椎の間が最高に硬いです。

 



 

(私はその部位を最硬患部と名付けました~最高幹部の文字り~)

 

反り腰の人は○○!!

 

前傾姿勢で腰から膝裏まで整えても、反り腰の人は立っているだけで腰がだるくなりやすいです。

 

なぜなら反り腰は背骨が丸く良い姿勢を作りにくい”猫背”とセットだからです。

 

反り腰だと猫背

 

バレエダンサーや新体操選手でもなければ、腰痛で反り腰ならほぼ猫背となります。

 

猫背≒反り腰もしくは、猫背⇒反り腰という式が成立します。

 

人間の身体は脳の位置を正常に保つために背骨や骨盤或いは足の関節を調整しています。

 

前傾姿勢が多い人は、以下の順序たどり腰痛になります。

 

頭が前のめりストレートネック猫背反り腰腰痛

 

①頭は前のめり⇒②首がストレートネック⇒③背中が円背・猫背⇒④反り腰

 

⇒腰痛

 

当てはまる人は壁にもたれてみて下さい。

 

きっと腰の反りや首のツッパリ太腿の力みなど何かしらやりにくさを感じるはずです。

 

猫背の人が良い姿勢をやりにくい主な個所首胸腰太腿

 

当然腰痛の人は腰が反って違和感があります。

 

ですが良い姿勢を維持するためには、背骨の一番上の首から腰とその下の仙骨まで伸ばしていく必要があります。

 



 

そして背骨の形状から上から下へ伸ばしていく方が猫背を矯正しやすいのです。

 

背骨一本一本押し伸ばし、撫で下ろしていって途中歪みがあれば整え力を加えながら猫背矯正していきます。

 

背骨に沿ってなでおろし歪み矯正

 

この時に深呼吸をしていきながら、吐く息に合わせて体重をかけ押さえていきます。

 

大工さんが鉋で木材を平らにするイメージかな?

 

猫背や反り腰が気になる人は、常日頃から壁にもたれて背骨をリセットしてもらうと良いです。

 

壁にもたれて姿勢リセット猫背矯正

私もたまに壁にもたれています(^^♪

 

反り腰も改善されると前屈だけでなく後ろ反らし(後屈)、

 

足上げや足反らしなどがやり易くなります。

 

腰からヒザ裏にかけて痛みがあった四條畷市の患者様の声

 



 

具体的なお悩みは?:スポーツ自転車・洗い物等(レストラン店員)前傾姿勢が多く、

 

また反り腰気味なこともあってか、重たさ・硬さ・痛みを常に感じていました。

 

大阪門真整体院を選んだ理由:以前肩コリの施術を受けた事があり、

 

腰もぜひお願いしたいと思ったため。

 



 

施術の感想・先生の印象は?:動かせていない所がスゴク動いている!と感じました。

 

だんだんと体が軽く、フワフワとした感覚になったのが印象的です。

 

気さくな雰囲気でこちらの質問にも色々と答えて頂けました。

 

最後の一言:腰が軽くなると普段の生活が楽になりますよ!

 



 

ご記入ありがとうございました。

 

施術効果には個人差があります。

 

 

関連ブログ

 

腰痛セルフケアについてのブログはこちら☞

 

手足ブラブラ体操ゴキブリ体操

本当は教えたくない腰痛体操

 

手を足に付けながら前屈座位

前屈で床に手を付ける体操

 

四つん這いになって背骨を丸めたり反らしたりするセルフケア運動

腰痛の時に背骨の運動

 

正座のまま倒れる大腿四頭筋のストレッチ

反り腰改善運動

 

現役スポーツ選手や元スポーツ選手へ

 

今回は反り腰から膝裏にかけての症状の紹介でしたが、

 

サッカー野球バレーボールバスケットボールラグビーなどどのスポーツでの、

 

疲労の蓄積、筋力不足や体重増加で腰痛の患者様も多いです。

 

スポーツ腰痛でお悩みの方は、

 

大阪全域はもちろん※日本全国から来院する院長が元体操選手の栗岡整体院までご相談下さい。

 

※通院された地域:東京、横浜、名古屋市、福岡県、沖縄県、広島県、岡山県、長野県、島根県、兵庫県朝来市、

 

静岡県、埼玉県、京都府宮津市、滋賀県長浜市・大津市・彦根市、和歌山県白浜町、奈良県、香川県、

 

愛媛県松山市、岐阜県、神戸市など。

 



インスタグラムではリア充してます(笑)

 

※「免責事項」施術効果は個人差があり、全ての人へ保証するものではありません。
※出典:https://kadoma-youtsu.com/とリンクを貼りご連絡いただいた場合,各サイトでの画像の使用を認めます。