出産後の腰痛と膝の痛み

産後の育児で腰痛

 

産後の骨盤矯正が世に出て久しいです。

 

出産後の広がったままの骨盤では腰や足への負担が大きくなります。

 

骨盤を調整しつつ、痛い部分をリリースしていきます。

 

出産で骨盤が開く

 

骨盤が広がったままだと太ります

 

男女問わず太っている人の骨盤は広がっています。

 

女性にとって出産後はもっとも太って戻りにくい時期なので、

 

骨盤を締めるように常々調整する必要があります。

 

股関節を押さえて骨盤を締める西川

 

うつ伏せにして膝を曲げた状態で股関節を揺するようにして締める方法。

 

横向きに寝て骨盤を締める様に筋肉を伸ばしていきます。お尻の大殿筋という筋肉辺りから痛みやしびれが気になる人が多いですが、大殿筋の深層に中殿筋などのインナーマッスルがあります。特に中殿筋は片足になった時に骨盤のバランスを保つ役割をする重要な筋肉ですので、硬いとアンバランスになります。

 

横向きに寝て上から押し込むように骨盤を締める方法。

 

などその人に有ったやり方で調整していきます。

 

骨盤調整仙腸関節全体の圧迫

 

体重が重いのが原因だとすぐには減量出来ませんが、

 

続けることで根本的に改善していきます。

 

膝の調整法

 

膝が痛い時はまず太ももを緩めて調整する必要があります。

 

今回は膝の外側が痛い事でしたので、太ももを外側に捻じるようにしてストレッチします。

 

大腿四頭筋を外側に捻ってみます

 

またしゃがむと痛い部分はピンポイントでつまむようにして、

 

膝を曲げた時も伸ばされないで痛くないようにグリップします。

 

大腿四頭筋つまみ筋膜リリース 外側

 

動いてみて動作痛が無ければそのままつまんで膝を曲げ伸ばしします。

 

つまむ痛さは少し我慢して、

 

徐々につまむ強さを軽減していき最後は手放した状態で屈伸運動してみたら、

 

痛みがほぼ消失していました。

 

痛みが出ている部分が和らいでくると日常的に差し支えなく過ごせます。

 

引き続き骨盤の開きを調整して腰痛も同時に回復していけば、

 

痛みが戻ることも少ないので小さなお子さんとも楽しく過ごせるでしょう!

 

患者様の声

 



 

出産後、腰と右膝が痛くなる。

 

しゃがむ、立つが両膝痛くて歩けないくらいだった。

 

他の整体院へもしばらく行ったがよくならず来院。

 

「門真 整体院」で検索しWEB予約。

 



 

施術効果には個人差があります。

 

膝のほぐし方など詳しくはこちら☞https://腰痛専門整体院/太もものほぐし方

 

大腿四頭筋太ももの筋膜を横につまんでみる

 

大阪全域はもちろん※日本全国から来院する院長が元体操選手の栗岡整体院までご相談下さい。

 

※通院された地域:東京、横浜、栃木県、名古屋市、福岡県、沖縄県、広島県、岡山県、長野県、島根県、兵庫県朝来市、

 

静岡県、埼玉県、京都府宮津市、滋賀県長浜市・大津市・彦根市、和歌山県白浜町、奈良県、香川県、

 

愛媛県松山市、岐阜県、神戸市など。

 




 

インスタグラムではリア充してます(笑)

 

※「免責事項」施術効果は個人差があり、全ての人へ保証するものではありません。
※出典:https://kadoma-youtsu.com/とリンクを貼りご連絡いただいた場合,各サイトでの画像の使用を認めます。